朝鮮総連系の保険会社「金剛保険」本社の家宅捜索に向かう捜査員ら=17日午前10時37分、東京都荒川区

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の保険会社「金剛保険」が、整理回収機構(RCC)の債権回収を免れようと財産を隠した疑いが強まったとして、警視庁捜査2課は17日、強制執行妨害の疑いで、本社(東京都荒川区)や西東京支社(同立川市)など全国各地の支社を家宅捜索した。捜査2課は押収した資料を分析し、資金の流れなど実態の解明を進める。

 捜査関係者によると、整理回収機構は破綻した旧朝銀東京信用組合の金剛保険に対する約10億円の債権を引き継ぎ、回収を進めていた。

 登記簿などによると金剛保険は今年が創立40周年。全国約30カ所に支店があり社員数は約100人以上に上る。

関連記事
あわせて読みたい