W杯複合個人第5戦 5位となった渡部暁斗の後半距離=ラムソー(共同)

 【ラムソー(オーストリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は16日、オーストリアのラムソーで個人第5戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)は5位だった。

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS98メートル)で90メートル、112・1点の21位と出遅れ、トップと55秒差で出た後半距離(10キロ)で追い上げたものの、表彰台争いに加われなかった。飛躍で首位に立った加藤大平は23位だった。エリック・フレンツェル(ドイツ)が今季初勝利、通算42勝目を挙げた。

 永井秀昭は28位、渡部剛弘は29位、渡部善斗は30位、山元豪は距離での違反で失格となった。

関連記事