北京で開かれた「東京―北京フォーラム」の安全保障に関する分科会=16日(共同)

 【北京共同】日中両国の政財界人や有識者が安全保障や外交を議論するシンポジウム「東京―北京フォーラム」が16日、北京で開幕した。中国のショウ建国国務院(政府)新聞弁公室主任(閣僚級)は講演で、中国が掲げる経済圏構想「一帯一路」への日本の参加を呼び掛け、日中両国で「開放的な世界経済」を推進していくよう訴えた。

 中国は、日米が推進する「自由で開かれたインド太平洋戦略」を警戒しており、中国が主導を狙うアジア太平洋地域の秩序構築に日本を引き入れたい考えだ。日本側の福田康夫元首相は「日中の経済関係は相互補完性を強める段階に達した」と指摘した。

関連記事
あわせて読みたい