【10年前のきょう・2007年12月17日】明治期に活躍した福井市出身の政治家、杉田定一(鶉山(じゅんざん))の研究を進める大阪経済大の研究員が十七日、杉田ゆかりのあわら市の芦原温泉街を訪れ、杉田別荘や旅館にある史料などを見学した。

 同大は定一や杉田家の書簡や証文などの文書約一万二千点を保管。今年春に四年がかりで文書目録にまとめた。今回は目録発行に続く研究が目的で同大日本経済史研究所の本多三郎所長ら三人が訪れた。

関連記事