2018年夏に開く「クリエイターズランド」のチラシを手に出展を呼び掛ける実行委のメンバー=13日、サンドーム福井

 福井県鯖江市でクラフト市「マルSABA」を開いている子育て中の母親たちが2018年夏、サンドーム福井で内容をパワーアップさせた「クリエイターズランド(クリラン)」を開く。出展者数はマルSABAの3倍以上となる250店を目指しており、準備に奔走している。

 マルSABAは市内のハンドメイドに取り組む子育て中の女性3人が、同じ立場の女性に活躍の場を提供しようと2年前の秋に企画。文化の館前の石畳広場で年2回開いている。当初50店弱だった出展数も70店に増え、4千人前後が来場する人気イベントに育った。

 一方で野外のため天候の影響を受けたり、駐車場不足などが問題となり、イベントへの出展などを通じ知り合った県内のクラフト作家らとともに今年2月ごろから規模拡大へ動きだした。

 2018年6月30日、7月1日の2日間、サンドームで開催。インターネットの人気ハンドメイド販売サイト「minne」を運営するGMOペパボ(東京)が協力しており、同サイトの人気作家も出展予定だ。

 開催に向け月1回ペースで集まり、会場の飾り付けや子ども向けの企画など準備を進めている。実行委員長の酒井友季子さん(37)は「家族で1日過ごせる空間を作りたい。ママの力でどこまでできるのか試したい」と意気込んでいる。

 出展料はブースの広さに応じて2日間で1万2千~2万5千円。手作り雑貨に加え、美容や飲食などの出展も募集中。申し込み、問い合わせはクリランのホームページ http://creatorsland.main.jp/

関連記事