「NSC東京」で特別授業を行った「とろサーモン」の村田秀亮(中央左)と久保田かずのぶ(同右)=15日、東京都内

 「M―1グランプリ」で優勝したお笑いコンビ「とろサーモン」(久保田かずのぶ、村田秀亮)が、吉本興業の養成所「NSC東京」(東京都千代田区)で、芸人の卵たちに特別授業を行った。

 宮崎県出身の2人は、高校卒業後、大阪でコンビを結成。東京進出後は鳴かず飛ばずで、結成15年の今年が最後のM―1出場だった。

 村田は「苦しいときはしょっちゅうけんかしていた。仲が悪い雰囲気は漫才にも出る」と語り、久保田も「今回の決勝と、前々回の敗者復活戦の映像を見比べてほしい。こいつの顔がどれだけ違うか」と笑わせた。

 漫才で心掛けていることについて、村田は「せりふみたいにならずに、しゃべっている2人の雰囲気を出す。初めて話を聞いた感じの受け答えや突っ込みにしています」。久保田も「“変なやつ”だと早く分かってもらうよう意識してますね」と語った。

 大阪時代のとろサーモンは、いくら久保田がボケても、村田がひたすら無視し続ける「スカし漫才」で注目を集めた。久保田は「分かりやすいシステムをつくったら、いろんな所に呼ばれるやろうと思った」と解説する。

 「でもテレビに出たいだけでつくったシステムだから、自分たちは好きじゃないし面白くもない。オファーを断っていたら、仕事がなくなった」と告白。村田も「トーク番組でも漫才の感じを求められて、スカし漫才には苦しめられました。今は自然にやっているから、やりやすいですね」と振り返った。

関連記事