政府は15日の閣議で、断層が近くに存在すると指摘されている米軍辺野古弾薬庫(沖縄県名護市)に関し「安全性については、問題ないと認識している」とする答弁書を決定した。

 沖縄県の「辺野古断層」と「楚久断層」は「位置が必ずしも正確に特定できるものではない」として、弾薬庫との位置関係を示すことは困難だとした。共産党の赤嶺政賢衆院議員の質問主意書に答えた。

 弾薬庫は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先である名護市辺野古のキャンプ・シュワブ北側に隣接している。

関連記事
あわせて読みたい