夫婦関係が悪化して別居中、過去に作製した凍結受精卵を元妻の女性(46)が無断で移植し妊娠、出産したとして、外国籍の男性(46)が第2子の長女(2)との間に父子関係がないことの確認を求めた訴訟の判決で、奈良家裁(渡辺雅道裁判長)は15日、訴えを却下した。

 妻が結婚中に妊娠した子は夫の子と推定すると定めた民法772条の「嫡出推定」規定を巡り、夫側の同意を得ずに移植した凍結受精卵で生まれた子にこの推定が及ぶかどうかが争点だった。

 判決は、凍結受精卵の移植については両親の同意が必要だとした上で、原告男性は民法上、子どもの父親と推定される立場にあると判断した。

関連記事
あわせて読みたい