女子シングルスの1次リーグで2連勝した山口茜=ドバイ(共同)

 【ドバイ共同】バドミントンのスーパーシリーズ(SS)ファイナルは14日、ドバイで1次リーグ第2戦が行われ、女子シングルスA組で2連勝した山口茜(福井・勝山高出身、再春館製薬所)の準決勝進出が決まった。同組の佐藤冴香(ヨネックス)はリオデジャネイロ五輪銀メダルのシンドゥ・プサルラ(インド)に0―2で屈して2連敗となり、最終戦を残して敗退が決まった。

 男子ダブルスA組の園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)はインドネシアのペアを2―0で破り2連勝。1次リーグは8人、8ペアが2組に分かれて総当たりし、各組2位までが準決勝に進む。

関連記事
あわせて読みたい