井元さんの自宅兼合宿所=福井県鯖江市

こんにちは。福井市出身、大谷舞です。高校卒業まで福井県内で過ごし、進学・就職のため約10年間、県外に出ていましたが、最近また県内に戻ってきました。コミュニティ作りに興味があり、知り合いの男性が県外から鯖江市へ若者を呼び込んでいると聞いたので、その場に潜入してきました。

男性は井元龍太郎さん。ゆるパブリックのメンバーで、世界各国の大学生・社会人らが船旅を通じて交流する「世界青年の船」事業のOB仲間です。大学院休学中に福井県鯖江市の体験移住事業「ゆるい移住」をきっかけに鯖江市に移住しました。フリーランスとして講習会をはじめ様々な企画を開催しながら生計を立てています。ゆるパブでは、サバオクやITフェスティバル等、鯖江市で開催される新しい活動に参加しています。地方ながら常に新しいことに取り組んでいる鯖江市は、自身の新しい企画・プロジェクトに挑戦したい井元さんにとって最適の場所だそうです。近くには、ゆるパブを通してできた仲間もいます。 

私が潜入してきたのは、今年の夏から秋にかけて開催された「フリーランス養成合宿」です。7月中旬~9月末にかけて行われていたのですが、その内2日間にお邪魔してきました。

合宿会場は、鯖江市にある井元さんの自宅です。広い家は昔ながらの和風建築でどこか懐かしさを感じさせます。 

この日の参加者は男性3人。名古屋から週末のみ鯖江市にやってきた20代男性、神奈川の10代学生など。東京在住の30代の男性はこの夏に会社を退職し、鯖江市に短期移住しています。
    
まずはオリエンテーションです。オリエンテーションは、この合宿のキーワード「好き4」の説明から始まりました。好き4とは“毎日4時間だけ、好きな場所で、好きな人と、好きなときに、好きなことを仕事にして暮らしていく”の略。これは、井元さん自身の経験から生まれた言葉です。

自身の体調や生活スタイルに合わせ、限られた時間を自分のやりたいことに費やすことができるようで、価値観がカタイといわれる福井にも、そういう生活をしたいという方は意外と存在しているそうです。

関連記事
あわせて読みたい