新潟市の男女9人(1人は故人)が市に水俣病の患者と認定するよう求めた行政訴訟は14日、全員の認定を市に命じた11月29日の東京高裁判決に市が上告せず、確定した。今後、正式な手続きを経て認定される。

 昨年5月の一審新潟地裁判決は7人だけを認定するよう命令。高裁は一審の判断を一部取り消し、市の控訴を棄却した。新潟市の篠田昭市長は今月4日に上告しないと表明した。

関連記事
あわせて読みたい