女性への不適切な行為について市議会議員に謝罪する福井県あわら市の橋本達也市長=13日、あわら市役所

 公務中に市長室で女性にキスするなど不適切な行為を行っていた問題で、福井県あわら市の橋本達也市長は13日、市議会の臨時全員協議会で、自らの進退について辞職を含めて検討する意向を示した。

 全協には市議会議員18人中17人が出席した。橋本市長は、市長室での不適切な行為や、女性側に渡したわび状などについて説明し、改めて謝罪した。市議からは「市長室での行為は辞職に値する。市職員の士気も落ちる」などと厳しい意見が出された。

 市長は「市の大きな課題を放り出すことは考えられない」と述べる一方、市議から辞職について問われ「市民の批判は聞いている。熟慮したい」と話した。

 全協終了後、森之嗣議長は「ほとんどの議員が辞職を望んでいる。擁護の声はない」とし「どんな理由があろうと残念で遺憾に思う」と述べた。

 市会は20日までの定例議会会期中に議会運営委員会を開き、辞職勧告決議も視野に対応を検討する。

関連記事