「陸王」の舞台となっている埼玉県行田市

「こはぜ屋」4代目社長宮沢紘一をモチーフにした田んぼアート(写真:TBSテレビ提供)

「まさか、現代の行田がドラマの舞台になるとは思ってもいなかった」

そう話すのは埼玉県行田市の工藤正司市長だ。

工藤 正司(くどう まさじ)/行田市長。1950年生まれ。1974年行田市役所入庁。2007年5月より現職。現在3期目。市内の小学生に足袋の理解を深める取り組みを強化している。手元にあるのが行田の足袋(写真:記者撮影)

今年10月に放映が開始されたTBS系ドラマ日曜劇場の「陸王」は視聴率が15%前後で推移している人気ドラマだ。この物語の舞台となっているのが埼玉県行田市である。創業から100年以上続く老舗足袋メーカー「こはぜ屋」がランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦し、奮闘する姿を描く。12月10日には第8話の放映が予定されている。

現在、ドラマは後半戦に突入し、クライマックスに向け注目が高まっている。「陸王」の原作の作者は池井戸潤氏。これまで、「下町ロケット」や「半沢直樹」など、TBSの日曜劇場でヒット作を生み出し続けてきた。

東京都心から60キロメートルほど離れた行田市は今、「陸王」効果に沸いている。「『陸王』が始まる前から行田の足袋への関心は徐々に高まっていたが、さらに追い風が吹いている」。工藤市長は喜びを隠せない。

 

行田市は「陸王」の撮影に全面協力している。撮影開始前からTBSとだけでなく、めぼしい建物のオーナーに取材協力を依頼。ドラマ中で何度も登場するマラソンのシーンでは道路を閉鎖し警察署などと撮影の協力依頼を行い、ドラマに対するバックアップの姿勢も作り上げている。

「行政だけでなく、市民の皆さんのおかげで撮影が実現できた部分は大きかった。1軒1軒回って撮影の許可をもらった。ほとんど実績がなかったが、撮影チームが携わった愛知県豊橋市や広島県福山市などの各自治体にアドバイスをもらいながら、フイルムコミッション(映画・ドラマの撮影場所誘致や撮影支援をする機関)としての体力や体制が整ってきた」と行田市役所商工観光課の森原秀敏課長は話す。

関連記事