実況天気図(12日午前3時)気象庁HPより

 福井県内は12日、強い冬型の気圧配置となるため海上では12日夕方まで大しけとなり、奥越では12日朝まで大雪となる恐れがある。

 福井地方気象台によると、日本海北部に発達した低気圧があって北東に進んでいる。輪島の上空約5000メートルには氷点下33度以下の寒気が流れ込み、福井県では12日まで強い冬型の気圧配置となる。

 13日午前6時までの24時間の予想降雪量は、いずれも多い所で奥越40センチ、嶺北の平地10センチ、山地20センチ。嶺南の平地5センチ、山地10センチで見込み。高波や電線などへの着雪、落雷や突風への注意を呼び掛けている。

 県農業総合指導推進会議は11日、積雪による園芸ハウスなどの被害防止対策を県内市町やJAなど関係機関に周知。ハウスは積雪による倒壊を防ぐため、3~4メートル間隔で支柱を立て補強することや、作物を栽培していないハウスはビニールを外しておくことを求めた。雪害防止作業や除雪を行う際は高所からの転落や転倒に注意し、複数人で時間に余裕を持って取り組むよう呼び掛けた。

 12日午前5時現在の積雪の深さは、大野市九頭竜41センチ、大野17センチ、南越前町今庄9センチ、越前市武生6センチ、福井4センチ。

関連記事