フリーマーケットアプリ「メルカリ」に出品された「センザンコウ」の剥製=11日午前、警視庁東村山署

 ワシントン条約で絶滅危惧種に指定されている、うろこを持つ哺乳類「センザンコウ」の剥製をフリーマーケットアプリ「メルカリ」に出品したとして、警視庁東村山署は11日、種の保存法違反容疑で鹿児島市の自営業の男性(72)と、長野県上田市のアルバイトの女性(23)を書類送検した。

 書類送検容疑は1月2日〜5月2日、国際希少野生動植物種に指定されているセンザンコウの剥製1体をそれぞれ7500円と1万円でメルカリに出品した疑い。

 2人は剥製を「珍獣」「全長80センチくらい」などと宣伝していた。売却前にメルカリの運営会社が気付き出品を削除した。

関連記事