JR東海が発注したリニア中央新幹線関連工事の入札妨害事件で、東京地検特捜部が偽計業務妨害容疑で家宅捜索した大手ゼネコン大林組(東京)だけでなく、鹿島(同)など別工事を受注した複数のゼネコンの担当者からも任意で事情聴取したことが11日、関係者への取材で分かった。特捜部は順次聴取の対象を広げ、入札の実態解明を進めるとみられる。

 特捜部は既に、大林組の土木部門トップの副社長(66)と名古屋支店の営業担当者から聴取。受注に至る経緯を確認したもようだ。

 リニア中央新幹線は総工費9兆円を超える巨大プロジェクト。

関連記事