女子マススタート決勝で転倒し、自力で立ち上がれず介抱される佐藤綾乃(中央)=ソルトレークシティー(共同)

 スピードスケートのワールドカップ女子マススタートで9日、佐藤(高崎健康福祉大)が転倒し、病院に直行した。チームによると、右足親指先端の骨折で全治3〜6週間と診断された。8日に団体追い抜きで世界新記録樹立に貢献しただけに、日本にとって痛いアクシデントだ。

 終盤、直線で大勢の選手とともに加速しようとした際に接触して足を取られた。リンク内側に激しく飛ばされ、床に置かれていたテレビカメラに衝突。自力で立ち上がれず、車いすで運ばれた。(共同)

関連記事