約1万人がアイススケートを楽しんだ「すまいるスケートハピリンク」=2月18日、福井市のハピリンの屋根付き広場ハピテラス

 福井市のJR福井駅西口再開発ビル「ハピリン」の屋根付き広場ハピテラスで、昨冬1カ月限定で設置されたアイススケート場「すまいるスケートハピリンク」が、今季も15日から登場する。冬休みに合わせオープンを1カ月早め、期間は2・5倍の73日に拡大。来年1月には人気キャラクター「ハローキティ」を招くなど新企画も多数用意。昨季に続き冬場の市街地の誘客の起爆剤としたい考えだ。

 イベントの誘致がしづらい冬場に継続的なにぎわいをつくろうと、市の第三セクターまちづくり福井が今年1~2月に初めて設置。31日間で1万515人が訪れ、周辺商店街に波及効果を生んだ。

 新企画として12月27~29日に子ども対象の本格スケート教室を開く。3日間かけ、簡単なスピンやジャンプができるよう練習する。定員はAクラス(5~8歳)約15人、Bクラス(9~12歳)約25人で1人4千円。1月6日にはハローキティがやってくる。銀盤でかわいらしい滑りを披露した後、西武福井店で交流イベントに参加する。

 利用者には、サカエパーキング、福井駅西口地下駐車場の100円割引券、ハピリンの市自然史博物館分館「セーレンプラネット」の常設展無料券も配る。

 営業は来年2月25日まで。平日は午後2時から同8時、土日祝日は午前10時から午後8時(元日は正午から)。冬休みに合わせ平日の12月25、26日、1月2~5日は午前10時から。土日祝日の利用は1人1時間まで。1、2月の木曜日には、無料のスケート教室を開く。

 料金は靴代込みで小学生以下500円、中高生700円、大学生以上千円。靴持参の場合は300円割引。手袋の着用が必要で、受け付けでも販売している。

 問い合わせ、教室の申し込みは同社=電話0776(30)0330。

関連記事