【10年前のきょう・2007年12月10日】国土交通省が選ぶ本年度の手づくり郷土(ふるさと)賞の地域活動部門に十日、福井県南越前町の「アカタン砂防歴史遺産利活用」が選ばれた。二十一日に大阪市で認定証伝達式が行われる。

 アカタンは明治時代、日野川水系の田倉川支流の赤谷川に、県内砂防事業の先駆けとして築造された。高さ三―十メートルの石組み堰堤が九基並ぶ。ほぼ完全に当時の姿を保ち、二〇〇四年に国の登録有形文化財に指定されている。

関連記事
あわせて読みたい