木造船の一部とみられる漂着物=7日、福井県坂井市の三国サンセットビーチ

 7日正午ごろ、福井県坂井市の三国サンセットビーチに木造船の一部とみられる残骸があると、近くに住む男性から110番通報があった。県警坂井西署から連絡を受けた福井海上保安署が確認。各地で漂着している木造船と形状が似ていることから、北朝鮮から来た漁船の一部の可能性があるとみて調べている。

 木片は漂着したとみられ、長さ4・5メートル、幅2・2メートル、一部黒く塗装されている。漁業用の網やロープが絡まっていた。

 福井海上保安署によると、周辺の海岸や海上で乗組員や不審な死体は確認されていない。近くでほかに長さ約2メートルの木片も見つかっている。

 同署は「不審な漂着物を発見したら触らず、すぐに通報してほしい」と呼び掛けている。

関連記事
あわせて読みたい