「若狭ルートが戦前に構想され、特許申請まで至っていたというのは興味深い」と話す的場茂専門員=大阪府公文書館

 的場専門員は「大阪中心に考えると日本海側への最短ルートは『若狭(小浜)ルート』。戦前に構想され、特許申請まで至っていたというのは興味深い。北陸新幹線も若狭ルートが採用されていれば、日満急行計画線と付かず離れずのコースになった可能性は高いのではないか」としている。

 鉄道友の会福井支部の渡邊誠さん(67)=福井県勝山市=は「県内から大阪へ直行する構想は、北陸新幹線以外で県史や各市町村史をみてもほかにはない」と指摘。的場専門員は「申請者は本当にこの事業の成算があったのか。そもそも特許を得た上でその譲渡を企図していたのかもしれない」と推論もしている。

 的場専門員がまとめた調査結果は館報「大阪あーかいぶず第51号」に掲載。同館ホームページからダウンロードできる。「大阪府公文書館」で検索。

関連記事