「若狭ルートが戦前に構想され、特許申請まで至っていたというのは興味深い」と話す的場茂専門員=大阪府公文書館

 北陸新幹線敦賀以西ルート案として40年余り議論されてきた「若狭(小浜)ルート」の最短ルート案をたどり、若狭湾と大阪駅周辺を結ぶ鉄道の構想が80年以上前にあったことが大阪府公文書館に残されていた路線の特許申請書の調査で分かった。鉄道名は「日満急行電鉄」で、日本と満州国を結ぶことを視野に入れた壮大な構想。開通に向けた申請が1933(昭和8)年に提出されたが、計画の実現性が疑わしいことなどを理由に却下され“戦前の若狭ルート”は幻に終わっていた。

 同館の的場茂専門員(66)=奈良市=が今年8月から関係書類を調べていた。申請書の名称は「日滿急行電鐵敷設並ニ運輸榮業特許申請書」。大阪府内の事業者から府に提出され、昭和8年10月1日の受付印が押されている。

 申請は、大阪―本郷村(現在の福井県おおい町本郷)間に鉄道を敷き、小浜湾から羅津(現在の北朝鮮)など朝鮮半島の5港への海上ルートにつなぐ計画を記している。的場専門員によると、当時、羅津から満州国の首都新京を直通する南満州鉄道の急行列車「あさひ」が走りだした時期に重なるという。

 鉄路は現在のJR大阪駅北側を起点とし、おおい町のJR小浜線若狭本郷駅付近が終点。最短経路で北上する約105キロを想定していた。建設費概算書で総額2千万円となっており、現在の価値で3百億円を超える事業と推定されるという。

 申請を受けた大阪府は、沿線自治体の京都府と福井県に照会。福井県は「実現すれば地元の開発に寄与するが、(人力のトロッコで鉱石を運搬する)本郷軌道への影響が甚だしく経営が困難になる」「本郷の港は設備として見るべきものはなく、改修の計画もない」と回答。京都府は「発起人は大正15年に同様の路線を申請し昭和8年に不許可となっており、代わりに申請したのではないか」「通過地の多くは相当な山岳地で民間企業では到底不可能」などと否定的な意見を寄せた。これらを受け大阪府は3年後の昭和11年8月、「計画の実現性は疑わしい」などとして不許可相当とした。

関連記事
あわせて読みたい