閉店が決まった幸楽苑福井長本町店=6日、福井市長本町

 低価格ラーメンチェーンの幸楽苑ホールディングスは、全店舗の約1割に当たる約50店舗を閉店する。福井県内の3店舗も含まれ、県内から撤退することとなる。各店の閉店日は調整中。

 ラーメン店「幸楽苑」は、関東、東北を中心に32都道府県に展開しているが、店舗数が少なく物流面などで経営効率が悪い地域から撤退する。人手不足による人件費高騰も各店の経営を悪化させていた。今後は採算が合う地域に集中して出店する。

 福井県では2006年4月開店の福井長本町店を皮切りに、同7月に福井和田中店、同10月に鯖江店、07年4月に敦賀店と4店舗を展開。11年2月に福井和田中店が閉店し3店舗となっていた。

関連記事
あわせて読みたい