華麗に波に乗るサーファー=3日、福井県坂井市の三国サンセットビーチ

 福井県坂井市の三国サンセットビーチで3日、サーフィン大会が開かれた。冬晴れの下、全国から集まったサーファーたちが日本海の荒波に挑み、次々と華麗な技を披露していた。

 地元サーフショップと坂井市体育協会が主催のの「ブルー&ナンシーカップ」。サーフボードの種類やレベル別の計7クラスに、県内外のアマチュア約100人が出場した。波の選び方や技の美しさ、正確さなどを競った。

 選手たちは制限時間12~15分の間に、約1メートルの高さの波が作り出す斜面を何度も滑走。巧みにボードを操ってダイナミックなターンを決めると、砂浜に陣取った観客から歓声があがった。

 4人のプロサーファーによるエキシビションがあったほか、大会後には参加者による砂浜清掃も行われた。

関連記事
あわせて読みたい