女子シングルスで決勝に進出した山口茜=東京・駒沢体育館

 バドミントンの全日本総合選手権第5日は2日、東京・駒沢体育館で各種目の準決勝を実施。女子シングルスで3年ぶりの優勝を目指す山口茜(福井県立勝山高出身、再春館製薬所)は、昨年決勝で屈した佐藤冴香(ヨネックス)を2―0(21―18、21―15)で破り、2年連続で決勝に進んだ。

 山口は2014年、高校2年時に初優勝。15年3位、昨年準優勝。

関連記事
あわせて読みたい