サンタ姿の恐竜の前で歌を披露する子どもたち=1日、福井県勝山市の県立恐竜博物館

 クリスマスを前に、福井県勝山市の福井県立恐竜博物館に1日、サンタクロースの衣装を着けた恐竜模型「フクイサウルス」がお目見えした。来館した園児らは「怖いけれど、かわいい」恐竜サンタに見入っていた。

 博物館が毎年この時期に展示している。全長4・7メートルと実物と同じ大きさのフクイサウルスは赤い帽子とマント、白いひげを着け愛嬌ある恐竜に変身。人が近づくとクリスマスソングが流れる仕掛けも取り付けた。サウルスのそばにはツリーのほか、今回初めて電飾で彩った小さなステゴサウルスも登場した。

 市内のきたこども園の園児20人が招かれ、除幕されると「かわいい」と歓声を上げていた。

 25日まで設置されている。

関連記事
あわせて読みたい