関西電力大飯原発3号機(右)と4号機=福井県おおい町

 関西電力が、来年1月中旬と3月中旬に計画していた大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働時期を2カ月程度遅らせる検討を始めたことが30日、分かった。神戸製鋼所の製品データ改ざん問題を受け、原発部品の調査に時間がかかっていることなどが影響している。

 再稼働が遅れれば、関電が実施する電気料金の値下げ時期も遅れる見通しで、経営に与える影響は大きくなる。同様の理由で九州電力も玄海原発3、4号機(佐賀県)の再稼働時期を2カ月遅らせる方針を固めている。

 関電はこれまでに神戸製鋼製の部品の使用を確認したものの、安全性に問題はないとしてきた。岩根茂樹社長も27日の記者会見で「全体の工程を見直すものではない」と話していた。

 大飯3、4号機は27日に福井県の西川一誠知事が再稼働に同意した。

関連記事
あわせて読みたい