「福井は第二の故郷」と話す鍬原投手=福井市内

 ドラフト会議で巨人の1位指名を受け、北陸高出身初のプロ野球選手となった鍬原拓也(くわはら・たくや)投手(中央大)がこのほど、福井市内で取材に応じた。高校3年間を過ごした福井を「第二の故郷」と表現し「自分が活躍する姿を見せることが恩返しになる」と決意を新たにした。

 ―母校に戻った感想は。

 「懐かしい。プロを真剣に目指した場所。福井は第二の故郷。仲間もいるので気軽に帰ってくることができる」

 ―思い出の試合は。

 「高校最後の夏の試合。(準々決勝で14三振を奪うも)真っすぐをホームランされて負けたこと」

 ―中大OBで北陸高の谷津田監督はどんな存在か。

 「監督がいなければ大学進学はなかった。巨人に1位指名されたのも中大に推薦していただいたおかげ」

 ―高校時代は細かった。

 「3年時の体重は67キロほど。大学で食トレ(食事トレーニング)をして10キロ近く増えた。平均球速が上がり、バテなくなった」

 ―大学での成長要因は。

 「(エースの)自覚が出たこと。変わることは簡単ではなかったが、自覚が出ると行動、生活も変わる」

 ―巨人には阿部選手ら中大OB、敦賀気比高出身の内海投手、中学時代のチームメート岡本選手がいる。

 「経験を積んだ先輩方や後輩がいるのは心強い」

 ―福井への思いと抱負を。

 「まずは自分が活躍している姿を見せることが恩返しになる。北陸で開催される試合で登板できれば。1年目は1軍定着を目標に、そこから新人王を目指す。後輩たちに鍬原さんみたいになりたいと言ってもらえるよう頑張りたい」

関連記事
あわせて読みたい