銀メダルを手にする吉川琢磨(右)と銅メダルの安達貴弘=小浜市民体育館

 重量挙げの福井国体プレ大会を兼ねた男子の第54回全日本社会人選手権第2日は25日、小浜市民体育館(福井県)で3階級を行った。福井県勢は4選手が出場。77キロ級で吉川琢磨(チーム福井A)はスナッチ143キロ、ジャーク161キロのトータル304キロで準優勝し、安達貴弘(同)はスナッチ130キロ、ジャーク160キロのトータル290キロで3位に入った。

 85キロ級では、吉岡祐司(チーム福井A)はスナッチ130キロ、ジャーク148キロのトータル278キロで6位に食い込み、大下隆諒(同)は15位だった。

 77キロ級では五百藏(いおろい)正和(大阪・小波津整骨院)がスナッチ148キロ、ジャーク182キロのトータル330キロを挙げいずれも大会新、トータルは日本新記録で優勝した。

小浜市
「夢、無限大」感動おばま
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 明通寺、蘇洞門▽味覚 若狭ふぐ、鯖ずし【出身…
ウエイトリフティング
スナッチとクリーン&ジャークという二つの方法で各3回ずつ挙上。スナッチ、クリー…
ウエイトリフティング
関連記事
あわせて読みたい