【10年前のきょう・2007年11月26日】県が越前市広瀬町―小野町間で整備を進めている県道武生米ノ線の笠倉トンネルが二十六日、貫通した。二○○九年三月下旬に完成後、四月から供用開始される。

 同トンネルは吉野瀬川ダム付け替え道路の一部で、昨年十二月に着工。全長四百二十五メートル。片側一車線、歩道を含め幅約十メートル。総工費は約十二億円。

関連記事
あわせて読みたい