【越山若水】偉人らの残した輝かしいものではなく、どちらかといえばゲスだけれど人生の糧になった言葉。その数々を収めた「洗えば使える泥名言」(文藝春秋)に苦笑した▼著者は漫画家の西原理恵子(さいばらりえこ)さん。奔放な言動で知られる人らしいあけすけな書きっぷりで、そのまま引用するのが少々ためらわれる「泥名言」がいくつも並ぶ▼そのなかで目を引いたのが、これ。「公務員が本気で逃げたら、誰もかないません」。愛息が通う小学校とトラブルになったとき、新聞記者が発した言葉だそうだ▼「あ、そーだな、プロだもんな」と、いきり立っていた西原さんは正気に戻ったらしい。赤心をもってする公務員もなかにはいる、と思うが“逃げるプロ”の評も否定しがたい▼そんな目で森友学園問題を見ると公務員が公務員を追及する構図になった。前者は会計検査院、後者は財務省など。逃げ方を知るプロが追っ手だけに、追われる側は難儀だろう▼もっとも、強い姿勢で臨んだはずの検査院側は「大混乱になる」という財務省などの要望にひるんだフシがある。内部から「残念」の声が漏れる▼西原さんの子どものころ、周りの大人が言っていたという泥名言がいい。「ケンカはええ。ウソはいかん。ウソつくのは盗む。ほんでおらんようになる」。公務員、政治家の諸兄はウソをついて逃げないで、と国民は切に願っている。

関連記事
あわせて読みたい