雪が積もった福井市の山間部=24日、福井市南西俣町

 福井県内は24日、冬型の気圧配置となり、福井市で初雪を観測した。平年より8日早く、昨年より20日早い。

 福井地方気象台によると、25日午前6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで奥越で20センチ、嶺北の山地で10センチ、嶺南の山地で3センチの見込み。嶺北・嶺南の平地は0センチの見込み。

 24日午前11時発表の予報によると、同日は冬型の気圧配置となり、気圧の谷や寒気の影響を受ける見込みで、嶺北では雨か雪、嶺南では曇りで夕方から雨となり、ともに雷を伴う所がある。

 25日は、はじめ冬型の気圧配置となるが、西から高気圧に覆われてくる見込み。

関連記事
あわせて読みたい