越前海岸

 脂の乗った冬のターゲット「寒グレ」釣りが本格化。鷹巣~鮎川、左右~玉川などで25~35センチが1~10匹。ウキフカセ釣りで狙え、今後の大型化に期待。青物の情報は少なめ。波松、雄島でサゴシ、フクラギが数匹。鮎川~小丹生ではメジロ。スズキは鮎川、大丹生、茱崎、左右、玉川などの地磯で60~70センチ。メバルは渋い。

福井新港

 チヌは25~30センチと小さいが、パイプライン、北防、第2排水口で釣れる。アジはパイプライン、第2排水口で8~15センチの小アジが上々。朝夕まずめには15~20センチの良型が交じる。

嶺南

 チヌ、グレは赤崎、佐田、音海などで20~50センチが8匹前後。アジは小浜新港、敦賀新港でさまざまなサイズが2桁。スズキはルアーや青イソメの餌釣りで、小浜市の若狭、おおい町の若狭大島などで40~60センチ。

河川

 スズキは九頭竜川河口周辺で50~82センチが1~3匹。ルアーは12~16センチのミノー系に好反応。フクラギ、サゴシが交じることも。

沖合

 青物は鷹巣沖、三国沖で60~80センチが2桁。マダイはタイラバ、フカセ釣りなどで30~50センチが1~6匹。小浜湾内では30センチ以上のアジ。
 

越前海岸
青物
グレ
福井新港
アジ
チヌ
嶺南
アジ
グレ
河川
スズキ
関連記事
あわせて読みたい