金色に輝く純金製のゴジラ=22日、福井県敦賀市中央町1丁目

 手も足も出ません―。純金製の「ゴジラ」の展示が23日、福井県敦賀市中央町1丁目のアピタ敦賀店内「川上ジュノン店」で始まる。純金約15キロを使った1億5千万円(税込み)の圧倒的な存在感。金色のオーラを放ちながら鋭い目つきでにらみつけている。

 同店本店の川上(同市白銀町、川上良造社長)と特約店契約を結ぶ田中貴金属工業(東京)の直営店が、ゴジラ生誕60周年の2014年に製作。北陸3県の展示は初めて。

 ファンの多いシリーズ第17作「ゴジラvsビオランテ」(1989年)に登場するゴジラを基に、筋肉などを補強したオリジナルデザイン。高さ約24センチ、幅19センチ、奥行き約35センチでずっしりとした重厚感がある。全身は半光沢で皮膚感を忠実に表現。爪や牙、背びれなどは丁寧に磨き上げられている。職人が手作業で仕上げた。

 展示は26日までの午前10時から午後5時。

関連記事
あわせて読みたい