一般58キロ級で優勝を決め、喜ぶ山本優子=22日、福井県の小浜市民体育館

 重量挙げの福井国体プレ大会を兼ねた第9回全日本女子選抜選手権は22日、福井県の小浜市民体育館で開幕し、福井県勢は一般58キロ級の山本優子(オーイング)がスナッチ80キロ、ジャーク100キロのトータル180キロの自己記録を出し3年ぶり3度目の優勝を飾った。

 同階級は社会人や大学生11人で争われ、山本と県勢の眞柄朱里(坂井農業高出身、金沢学院大)との事実上の一騎打ちとなった。

 山本はスナッチ最初の試技を失敗したが、77キロ、80キロを挙げ、眞柄を1キロリード。ジャークも最初の97キロを失敗したが、2度目で成功。最後に100キロを挙げ、トータル178キロで終えていた眞柄を逆転して頂点に立った。

 山本は「後輩の眞柄には負けるわけにはいかなかった。優勝はうれしいが、これは通過点。来年の福井国体に向けて、眞柄と2人で福井の重量挙げを盛り上げていきたい」と笑顔で語った。

小浜市
「夢、無限大」感動おばま
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 明通寺、蘇洞門▽味覚 若狭ふぐ、鯖ずし【出身…
ウエイトリフティング
スナッチとクリーン&ジャークという二つの方法で各3回ずつ挙上。スナッチ、クリー…
ウエイトリフティング
関連記事
あわせて読みたい