福井県原子力安全専門委員会は22日、関西電力が再稼働を目指す大飯原発3、4号機(同県おおい町)について、「安全性確保のための必要な対策はできている」とする報告書を西川一誠知事に提出した。

 西川知事は「以前稼働していた状態より、安全性はさらに向上していると理解した」と述べ、23日に同委員会の中川英之委員長(福井大名誉教授)と現地を視察すると明らかにした。

 西川知事は、世耕弘成経済産業相と26日に会談する方向で調整しており、近く再稼働に同意するとみられる。おおい町と県議会は既に同意している

関連記事
あわせて読みたい