竹内まりや『REQUEST 30th ANNIVERSARY EDITION』

 87年発表のミリオンセラーの30周年記念盤。本編10曲と今回追加の6曲を聴くと、絶対的な“ARTISAN”を伴侶とする為あまり目立たないが、彼女もまた相当な“職人”だと気づく。

 まず、ソングライティングの職人。ドラマや映画、女性歌手への提供曲など、それぞれのイメージを増幅させるのが凄い。男女の別れを描いた『Good bye』を映画に合わせて輪廻転生をテーマにした『時空(とき)の旅人』に書き換えているが、どちらも自然だ。

 そして、最新リマスター効果か、歌い手としても職人だと改めて感じた。不倫ソングの『OH NO,OH YES!』や両天秤の『けんかをやめて』など、切々と歌う原曲もその世界に入りこんで良いが、竹内版は、ニュートラルな歌声ゆえポップスの一つとして楽しめる。また、英語曲も、カレン・カーペンター風の明朗な発音が心地良い。

 ブックレットは、本作で一人何役もこなす山下達郎による音楽解説付き。能地祐子の全曲解説も詳しい。本作から、誰かに合わせて行動するのも、実は自分らしさだと学ぶはず。

(ワーナー・2200円+税)=臼井孝

関連記事
あわせて読みたい