ニューヨーク証券取引所=2014年2月

 【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続伸し、前日比160・50ドル高の2万3590・83ドルとなり、終値の過去最高を約2週間ぶりに更新した。アップルやマイクロソフトといった好業績の米IT企業が主導した。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も71・77ポイント高の6862・48、幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数も16・89ポイント高の2599・03と主要3指数がそろって終値の過去最高を更新した。

 IT銘柄は今年大幅な株価上昇をけん引。欧州の株価が上昇したことも投資家の買い安心感につながったとみられる。

関連記事
あわせて読みたい