中国の李克強首相(右)と会談する経団連の榊原定征会長=21日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京共同】経団連、日本商工会議所などで構成する訪中団は21日、北京の人民大会堂で李克強首相と会談した。アジア太平洋地域での経済連携推進で意見が一致。経団連の榊原定征会長は日中韓の自由貿易協定(FTA)や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の早期締結を訴え、李氏も「いろいろな形で進めていきたい」と意欲のある姿勢を見せた。

 訪中団が首相と会うのは2年ぶり。会談冒頭で李氏は最近の日中関係に「徐々に改善し、上向きの勢いを示している。改善の基礎を強固にしていかなければならない」と指摘。日本の経済界には「両国関係の発展で新たな貢献をしていただきたい」と語った。

関連記事
あわせて読みたい