森山直太朗の物まねをするおばたのお兄さん (C)フジテレビ

 お笑い芸人のおばたのお兄さん、お笑いコンビ・ANZEN漫才、元℃-uteの岡井千聖が、24日にフジテレビ系で放送される金曜プレミアム『日本一のものまね王者が今夜決定! ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスぺシャル』(後7:00~10:52※一部地域を除く)に参戦することが、わかった。

【番組カット】恋人・山崎夕貴アナと共演

 『ものまね王座決定戦』は、年2回紅白にわかれて戦いを繰り広げている『ものまね紅白歌合戦』の出場者の中から厳選された出場者と、実は物まねが得意という芸能人が集結。プロアマ問わず、歌手、アイドル、お笑い芸人、物まね芸人、一般素人ら24組が、年に一度「王者」の座をかけ“歌まね”“声まね”で勝ち抜きトーナメント戦で真剣勝負を行う。

 放送では“小栗旬”の物まね芸で一躍人気者に駆け上がったおばたが、森山直太朗の「生きとし生ける物へ」(2004年)の“歌ものまね”を初披露。おばたは「“歌物まね”はこれまで冗談でやったことはありますが、本気で取り組ませていただく意味では今回が初挑戦でした。これまで、物まねは“小栗旬さん”しかやったことがなかったので、歌ものまねどころか大勢の人前で歌を歌うことも初めてなくらいです」とコメント。

 「これまで、小栗旬さんのものまねは首を使い過ぎてて結構大変だったんです(笑)首を使わないで済む歌物まねに挑戦していこうと思えた自分の人生の中でも転機となる大会となりました。ぜひとも自分の新しい一面を見て評価してください!」とメッセージした。

 ANZEN漫才は、米米CLUBの「浪漫飛行」(1990年)を歌唱。みやぞんは「とにかくスゴく緊張しました! スタジオの中は、寒くないのに手が震えて緊張するといった状態でした。僕を安心させてくれる相方が横に居てくれて本当に良かった~ハハハッ。本当に全力で取り組んだ姿を見てくださいね」と呼びかけ、あらぽんは「僕がさせていただいた米米CLUBのジェームズ小野田さんの物まねは“ステップ”と“細かい仕草”を忠実に表現している部分をチェックしてください!」と、見どころを紹介した。

 自身の“擦れ声”を最大の武器にしたSHOW-YA「限界LOVERS」(1989年)を堂々披露する岡井は「いつもは“おバカキャラ”の私ですが、アイドル歌手としてこれまで頑張ってきたので、本職を活かした新たな一面にご期待いただければと思います」と気合を入れている。

 番組にはそのほかにも、迎え撃つ女王・ミラクルひかる、前回覇者・ビューティーこくぶ、帝王・布施辰徳、四天王・栗田貫一ら実力伯仲の猛者たちが己の意地とプライドをかけた大激戦を繰り広げる。

関連記事
あわせて読みたい