東京都の日野市立病院

 東京都の日野市立病院が、労使協定(三六協定)の上限時間を超えて医師らに違法な残業をさせたとして、八王子労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが19日、病院への取材で分かった。労災認定の際の目安といわれる月100時間の「過労死ライン」を上回る月172時間の時間外労働をした男性内科医もいた。

 日野市立病院が勧告を受けたのは昨年12月で、上限を超えたのは男性内科医のほか、看護師や事務職員4人。この男性内科医の昨年4〜10月の平均残業時間は月約122・5時間だった。病院は「勧告を真摯に受け止めている。責任感の強い医師で、自発的に患者を診ていた」としている。

関連記事
あわせて読みたい