地方のブランド力強化の重要性を説く東国原英夫さん=18日、福井市の福井工大福井キャンパス

 前宮崎県知事の東国原英夫さんを講師に迎えた福井工大のオープンカレッジ「未来塾」(福井新聞社後援)が18日、福井市の同大福井キャンパスであった。

 テーマは「福井をどげんかせんといかん~地方を元気に! 地域ブランド戦略」。東国原さんは知事時代、県産品のブランディングに力を入れたと説明。ただ行政単独では限界があり「民間のノウハウを生かして官民一体となった取り組みが大切」と話した。

 地方創生に向けては「地域間競争がますます激化する。鍵は高齢者が元気に社会参画できる仕組みづくり」と述べた。

 また、都市と地方の格差拡大に懸念を示し「人口減少で地方は衰退している。トップが覚悟を持って施策を進めれば、県職員も県民も協力してくれる。自治体の運営に興味を持ち、積極的に参画することで地域を盛り上げてほしい」と訴えた。

 講演では、宮崎県の裏金問題など県庁改革に触れたほか、知事時代の失敗談などのトークも軽妙で、聴講した市民ら約700人の笑いを誘っていた。

関連記事
あわせて読みたい