女子500メートルで優勝し、手を振る小平奈緒=スタバンゲル(共同)

 【スタバンゲル(ノルウェー)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦は17日、ノルウェーのスタバンゲルで開幕し、女子の小平奈緒(相沢病院)が500メートルを37秒08の好記録で、1000メートルを1分14秒33で制した。両種目合わせたW杯通算勝利数を14に伸ばし、岡崎朋美を抜いて日本女子単独最多となった。

 500メートルで昨季から続く国内外での連勝はW杯の11を含む19に伸び、1000メートルは第1戦に続く2連勝。1000メートルで小平と同走した高木美帆(日体大助手)は0秒46差の2位だった。

関連記事
あわせて読みたい