「三国温泉カニまつり」をPRする宣伝隊=15日、福井新聞社

■三国温泉カニまつり(福井県坂井市三国町)

 福井県坂井市三国町の三国サンセットビーチ駐車場で18、19の両日開かれる「三国温泉カニまつり」の宣伝隊が15日、福井新聞社を訪れ「おいしいカニと(会場隣の温泉)ゆあぽーとにある無料の足湯を楽しんで」とアピールした。

 地元で水揚げされた越前がにや甘エビなど海の幸を販売する「大漁市場」、カニ飯やカニコロッケなどを提供する「グルメ横町」といったブースが並ぶ。1日3回、計1800食のガサエビ鍋を無料で振る舞うほか、セイコガニ1匹入りカニ汁も計2500食用意する(1杯500円)。

 越前がになどが当たる抽選会は1日4回開催。購入金額に応じて抽選券を配る。まつりは両日とも午前6時~午後4時半。問い合わせはまつり実行委=電話0776(82)5515。

■越前かにまつり(越前町厨)

 越前町厨の道の駅「越前」で18、19の両日開かれる「越前かにまつり」のキャンペーン隊が15日、福井新聞社を訪れ来場を呼び掛けた。

 名物はセイコガニ1匹が丸ごと入ったみそ汁の販売。両日とも700杯ずつ用意し、午前9時半と午後1時半からの2回、1杯400円で提供する。越前がにやエビなどの販売、カニ丼といった海鮮料理を味わえるコーナーがあるほか、じゃんけん大会や大道芸のステージもある。越前がになどが当たるスピードくじを買い物3千円ごとに配る。

 同町漁協の南直樹総務部長らが来社し「市価より安い新鮮な魚介と出来たての料理をぜひ味わって」とPRした。

 両日とも午前9時~午後4時。問い合わせはまつり実行委=電話0778(37)1234。

■越前・若狭 紅白味自慢2017(福井市)

 福井市の屋根付き広場ハピテラスで25、26日に開かれる、越前がにや若狭の鮮魚が魅力を競う「越前・若狭 紅白味自慢2017」(福井新聞社後援)の宣伝隊が15日、福井新聞社を訪れ、イベントをPRした。

 福井市と第三セクターまちづくり福井が主催。13ブースが並び、かに汁、かに丼、ふぐ雑炊などを楽しめるほか、購入した干物を炭火焼きできるバーベキューコーナーを開設する。「鯖おでん」「鯖サンド」などサバを使ったメニューも味わえる。

 同社の担当者3人が来社し「福井を代表する冬の味覚を駅前から県内外に発信します」と来場を呼び掛けた。

 両日とも午前10時~午後4時。問い合わせは同市にぎわい交流施設=電話0776(20)2901。

関連記事
あわせて読みたい