18日のオープンに向け準備が進むコッペ亭=16日、福井市羽水1丁目

 さまざまな具材を挟んだコッペパンの専門店が18日、福井市羽水1丁目にオープンする。建設業、リサーチ業、IT事業展開の保安企画(本社岐阜県)が新事業として初出店。「コッペ亭」と名付け、おやつ系から総菜系まで約40種をそろえる。

 同社は異業種への進出を目指し今年4月に食品事業部を立ち上げた。本部長に北陸支店(同市羽水1丁目)の高嶋久美子・取締役支店長が就いたことから同市内での出店を検討。県内初というコッペパン専門店オープンに向け商品開発や設備の準備を進めてきた。

 自家製パンにクリームや総菜などを挟む。クリームはカスタードやキャラメル、抹茶などを用意。総菜はコロッケやツナサラダ、唐揚げなどをそろえる。価格は180~390円(税別)。

 パンは小麦粉やバターなど原料にこだわった。高嶋支店長は「パンはもちっと軟らかく、具材は豊富。子どもからお年寄りまで楽しんでもらえたら」と話している。

 18、19日は午前10時~午後4時。20、21日は休業。22日から通常営業とし午前9時~午後3時。問い合わせはコッペ亭=電話0776(33)2650。

 同社は全国22カ所に拠点を持ち、コッペ亭も全国展開を目指す。福井市内ではカフェの出店も検討している。

関連記事
あわせて読みたい