北さんのスズキ魚拓

越前海岸

 アジは朝夕まずめに20センチが5、6匹。茱崎、小丹生、玉川、大樟方面は朝夕やナイトゲームで15~20センチが10~20匹。グレは白浜などで15~25センチが10~15匹。サゴシは波松、雄島などでメタルジグを使って40~45センチが5~10匹。波松で40~50センチのヒラメ。マゴチは三里浜で40~55センチがまずまず。

福井新港

 チヌは第2排水口、パイプライン、北防、南水路などで30~50センチで1~5匹。7日にはパイプラインで坂井市の男性客が50センチの良型をゲット。砂防、北防先端ではサゴシ、ヒラメなど。

嶺南

 音海の磯で30センチ以上のグレ。高浜、和田の漁港では20~25センチのサヨリ。アジや青物の釣果は下降気味。立石、赤崎でチヌ。

河川

 スズキは日々大型化しており、九頭竜川下流域や日野川で50~90センチ。少し前の情報になるが、九頭竜川河口で北義敬さん(坂井市)が93センチの大物をものにした。夕まずめ以降のナイトゲームが良好で、ルアーはミノー系に好反応を示す。メタルジグで50センチ級のヒラメも。

沖合

 三国沖、鷹巣沖は胴付き仕掛けかタテ釣り、ジギングでメジロ、ヒラマサなど。マダイは40~70センチがタイラバで1~3匹。小浜沖、高浜沖では45センチ級のサバ。良型のヒラマサが交じることも。
 

越前海岸
アジ
福井新港
サゴシ
チヌ
嶺南
アジ
グレ
河川
スズキ
関連記事
あわせて読みたい