「自分らしく生きる」をテーマにトークする浅田舞さん=11日、福井市のザ・グランユアーズフクイ

 元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞さん(29)のトークショーが11日、福井市のザ・グランユアーズフクイで開かれた。「自分らしく生きる」をテーマに、フィギュアに熱中した幼少期から、舞台やテレビで幅広く活躍する現在に至る軌跡をざっくばらんに語った。

 ⇒【画像】「ゆるキャラ」と記念撮影

 福井ライオンズクラブ(LC)の創立60周年記念講演会として開かれ、市民ら約350人が聴講した。

 妹の真央さんと幼い頃から熱心にフィギュアに取り組んだ浅田さんは、世界的に注目を集める真央さんにコンプレックスを抱くようになり、20歳頃に15キロ太ったエピソードを披露。「フィギュアは500グラム増えただけで競技に影響が出る。ジャンプが飛べなくなった」と振り返った。

 人生に目標を立てることができなくなったが、亡くなった母の「2人だけの姉妹なんだから力を合わせて」との言葉に背中を押され、真央さんの海外遠征に同行したり、心を通わせたりする中で「支え合って生きていこうと誓うことができた」という。

関連記事
あわせて読みたい