辻容子選手

加藤佳伸選手

 福井国体プレ大会を兼ねたボウリングの第46回全国都道府県対抗選手権は10日、福井市のスポーツプラザWAVE40で男女混合2人チーム戦を行い、福井県勢は福井県D(辻容子・加藤佳伸)の8位(2364点)が最高だった。入賞の6位には届かなかった。

 同2人チーム戦は36都府県の87チームで争った。辻(ほほえみネットワークさくら)と加藤(古宮建設)のペアは、前半の3ゲームは不調だったが、後半は200点を上回るスコアを何度もマークして追い上げた。

 この日は、混合4人チーム戦A組の前半戦もあった。チーム戦は1人6ゲームの総得点で競う。11日は4人チーム戦の順位が確定し、これまでのチーム戦に出場した男女上位各20人による選手権者決定戦(個人戦)の出場者も決まる。

ボウリング
団体戦と個人戦があり、いずれも6ゲームの予選を行い、合計点の上位8チーム(個人…
ボウリング
関連記事
あわせて読みたい