日本―ブラジル 前半、先制を許し肩を落とすGK川島(手前)ら日本イレブン=リール(共同)

 日本―ブラジル 後半、ブラジルのネイマール(左端)のFKに壁をつくる日本イレブン=リール(共同)

 【リール(フランス)共同】サッカーの国際親善試合は10日、フランスのリールで行われ、日本はブラジルに1―3で敗れた。来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会に向け、ハリルホジッチ監督就任後初めて強豪と顔を合わせた一戦で力が及ばなかった。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本の44位に対し、ブラジルは2位。前半、日本はPKでネイマールに先制点を与えるなど3失点した。後半は攻め込む時間帯もあったが、反撃はCKから槙野(浦和)が頭で決めた1点にとどまった。対戦成績は日本の2分け10敗。

 日本は14日には、5位のベルギーと敵地ブリュージュで対戦する。

関連記事
あわせて読みたい