えちぜん鉄道の新たな冬用ユニホームを披露するアテンダント=9日、福井市松本上町

 えちぜん鉄道(本社福井市松本上町)は9日、アテンダント(客室乗務員)の新たな冬用ユニホームを発表した。紺色のジャケットと黒色のタイトスカート、帽子、スカーフを組み合わせた上品な装い。近く福井県内で撮影が始まるえち鉄を題材にした映画「ローカル線ガールズ」で、タレントの横澤夏子さんが主役を務めるアテンダントのユニホームと同じデザインを採用した。11日に切り替え、4月ごろまで着用する予定。

 冬用ユニホームの更新は4年ぶり。当初は来年秋に切り替える計画だったが、映画の県内撮影が11月14日に始まり、来年11月に公開される予定のため、PRや機運醸成を図ろうと1年早く更新した。

 モデルを務めたアテンダントの奥田恭加さん(22)は「今のベージュ色よりさらに落ち着いた感じで大人っぽい雰囲気。新たなユニホームのように、お客さまに信頼して頂けるアテンダントになるために頑張ります」と話していた。

関連記事
あわせて読みたい